山口組分裂抗争 「68歳ヒットマン」出動の衝撃

 10月は即位の礼が行なわれるためヤクザは抗争事件を起こさない--世間の予想は覆された。これにより山口組の分裂抗争は、全国の暴力団と警察を巻き込み、ヤクザ社会そのものを揺るがす事態に急展開した。その号砲を鳴らしたのは、68歳の高齢組員だった。新著『教養としてのヤクザ』(溝口敦氏との共著)が話題のフリーライター・鈴木智彦氏がレポートする。

 * * *

 10月10日、神戸山口組の中核団体・山健組は定例会を開催していた。全国の直参組長が集まって行なう幹部会のことである。

 約2か月前の8月21日、JR神戸駅近くにある六代目山口組の中核団体・弘道会の拠点前で、バイクに乗ったヒットマンが弘道会組員を銃撃している。実行犯は特定されていないが、今年4月に山健組の若頭が、弘道会組員に刺されていることもあって、警察はこれを山健組による報復である可能性が高いとみている。

 分裂抗争の主力部隊である六代目山口組の弘道会vs神戸山口組の山健組の直接対決によって抗争が激化しているため、実話誌のカメラマンたちは神戸市中央区にある山健組前に集まり、出入りする幹部たちの写真を熱心に撮影していた。加えてこの1か月半、五代目山健組を継いだ中田浩司組長が組の行事を欠席しており、その姿を現認できなかったという事情もあった。

 対立する六代目山口組サイドからは「神戸山口組のトップで、山健組の先代・井上邦雄組長と、中田組長の不仲説」が盛んにリークされている。残念ながら中田組長はマスコミの前に姿を現わさなかった。定例会も終了し、事務所前に張り込んでいた警察とマスコミはそれぞれ帰途についた。

 事件はその後に起きた。午後2時半過ぎ、事務所に隣接する駐車場横の路上で、2発の銃声が鳴り響いたのだ。通りかかった50代の男性は現場に停まっていたシルバーのセダンと、その車内を捜索する警察官の姿を目撃している。

 「ごく普通の乗用車やったけど、警察官が警戒してるんやなと思った。車を通り過ぎたあと、パンパンと乾いた音がはっきり2回聞こえた。僕が振り返った時は2人の男性が倒れてて、そばで拳銃を握った男の腕を、取り押さえた人がひねり上げてました。すぐ事務所からガヤガヤとたくさんの人が集まってきて、押さえ込まれた男も地面に転がり、方々から蹴られていた」

 騒動の発端はこうである。

 シルバーのセダンを不審に思った山健組組員が、張り付け警戒中の警察官に職務質問を要請した。捜査関係者によると男は「朝日新聞社のカメラマンだ」と返答、車内の捜索にも応じた。その様子を見ていた山健組の直参組長と2人の組員、合計3人が職務質問の現場にゆっくりと近づいていった。すると突然、男が隠し持っていた拳銃を発射、30代と40代の山健組組員が、それぞれ胸と首を撃たれて昏倒した。両名ともすぐに病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認されている。

 発砲した男の身元もすぐに判明し、六代目山口組弘道会傘下である稲葉地一家の丸山俊夫幹部と分かった。68歳という高齢だったが、さほど珍しいことではない。というより今や抗争の定石といっていい。組織間抗争での殺人は社会秩序への挑戦と解釈され、一般の殺人事件より罪が重くなる。1人殺して無期懲役が相場で、その判決はヤクザ生命の終わりを意味する。

 「昔は若いうちに15年から20年の長い懲役を務めてそこから大幹部になっていくのが出世コースだったが、もはや過去の話だ」(独立組織幹部)

 高齢者ヒットマンは獄死覚悟で、二度と娑婆に出てこられないと腹をくくっているため、過激な行動に走りやすい。平成23年8月には、マシンガンと二丁拳銃で武装した78歳のヒットマンが対立組織のトップ宅に侵入、手榴弾を炸裂させ組員を負傷させた。

 年齢は若くても、不治の病に冒され、未来を失った組員・幹部がヒットマンになることも増えてきた。平成29年5月、千葉県松戸市で稲川会を破門になった箱屋一家総長が銃撃された事件の裁判を傍聴した時、ヒットマンとなった稲川会系組長は爽やかな表情で、自身の肝臓病を証言した。

 今回のヒットマンである丸山容疑者も持病を抱えており、透析治療を受けていることが分かっている。

 ◆カメラマンに偽装

 丸山容疑者は犯行に使ったものとは別に、もう一丁の拳銃を所持していた。その場で自殺するつもりだったのかもしれない。

 「相手を殺してこいと言えても、死んでこいとは言えない。だが本音をいえば、相手を殺して自殺してくれればありがたい。取り調べで瑕疵を突かれ、上の人間がパクられることもないし、多額の弁護士費用もかからない」(指定暴力団トップ)

 平成16年4月、東京侵攻を活発化させた当時山口組の山健組幹部が、歌舞伎町の駐車場で射殺された。現場から逃走したとみられる住吉会幸平一家の幹部は、中野区の都立高校で警察官に発見されたところ、その場で拳銃自殺している。暴力団たちは拳銃を『道具』と称し、抗争相手の殺害を『仕事』と呼ぶ。この事件はいまも暴力団社会で『完璧な仕事』と称賛されている。

 丸山容疑者の仕事も手が込んでいた。犯行前、実際にカメラマンに偽装し、3時間ほど山健組周辺をうろついていたのだ。

 平時からヤクザ事務所に張り付いているのは、警察の捜査員と実話誌の取材スタッフのみである。彼らは雨の日も風の日も事務所の前に張り込んでいる。メンバーはみな顔見知りで、現場に新顔が登場するとすぐそれと分かる。

 この日も取材していた『週刊実話』の記者と『アサヒ芸能』のカメラマンが、犯行前の丸山容疑者という“ニューフェイス”を見つけ話しかけていた。この2人は山一抗争の時から暴力団取材をしているベテランだ。

 どれだけマスコミを偽装しても、暴力団には独特の匂いがある。抗争相手の殺傷を目論み、拳銃を隠し持っているヒットマンならなおさらだ。が、丸山容疑者と接触したベテラン両名は「そんな気配はみじんもなかった」と断言する。新米記者ならいざ知らず、暴力団抗争を見続けてきた古参の目を欺くのだから、ヒットマンの変装は実に本格的だったと評するほかない。

 「黒いキャップをかぶっており、肩から斜めに鞄を提げ、その上にキヤノンのミラーレスカメラを提げていた。俗に言うカメラマンベスト……たくさんのポケットが付いたメッシュのベストを着込んでて、ヤクザという感じはまるでなかった。見慣れない顔だから警察官からも職質というか、質問をされていた。最初にフリーと言い、そのあと『双葉社です』と答えていた」(古参カメラマン)

 山口組記事を毎週欠かさず掲載する実話系週刊誌は3誌あるが、その中でこの日、現場にいなかったのは双葉社発行の『週刊大衆』だけだった。捜査関係者は丸山容疑者が実話誌の内部事情を知っており、相応のリサーチをしていたと推測している。その後警察には『朝日新聞社のカメラマン』と騙った理由は判然としない。

 丸山容疑者とやりとりしたカメラマンが続ける。

 「『週刊大衆』の顔見知りの編集の名前を挙げたけど知らないふうだった。慣れない取材で戸惑っているんだと思った。『名前を訊いたら『アリカワ』と言った。煙草を吸う時に一緒になって『携帯用灰皿がないので貸して欲しい』と言われた。小指がないとのことだったけど、まったく気がつかなかった」

 丸山容疑者は、もしかすると山健組トップである中田組長を狙っていたのかもしれない。彼の3、4メートル先を、執行部をはじめ、多くの山健組関係者が通り過ぎていた。その気になれば誰だって銃撃できたろう。

 元来、山健組の警備は非常に厳しいことで知られる。神戸山口組の本部が淡路島にあった頃、玄関前でカメラを構えると必ず山健の人間がやってきて、マスコミ一人ひとりに名刺を要求、所属を確認する様子をみて、さすがと思ったことがある。

 今回の事件は、その山健組の組員たちにとっても不測の事態だったろう。警察が張り付け警戒を行なっている以上、事件を起こせば飛んで火に入る夏の虫で、すぐさま逮捕される。普通に考えれば、そんな馬鹿はいない。

 が、ヒットマンはいつも心の隙を付け狙う。千回に一度の失態、ついつい油断した瞬間を待ち続け、ターゲットに銃弾を撃ち込んで殺害する。『仁義なき戦い』では、主役の菅原文太が「狙われるもんより、狙うもんのほうが強い」と啖呵を切った。

 ●すずき・ともひこ/1966年、北海道生まれ。日本大学芸術学部写真学科除籍。『実話時代BULL』編集長を務めた後、フリーに。週刊誌、実話誌などに広く暴力団関連記事を寄稿する。主な著書に『ヤクザと原発』『サカナとヤクザ』など。新著は溝口敦氏との共著『教養としてのヤクザ』。

 ※週刊ポスト2019年11月1日号

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ