高気圧に阻まれ台風の水蒸気が流れ込む 千葉豪雨、複数の要因重なる

 千葉県付近で25日に降った局地的大雨は、台風21号がもたらした暖かく湿った空気が高気圧に阻まれて東から集中的に流れ込んだことなど複数の要因が重なったことで発生した。千葉県市原市では10月の1カ月分の平年値を上回る雨量をわずか半日で観測した。

 気象庁などによると、25日は日本列島の東側を台風21号が北上したが、北東側の高気圧の勢力が強く、進路を阻(はば)まれる形になった。ここで高気圧周辺の風の流れと台風本体の風の流れが重なり、関東地方へ強い東風が吹くことになった。

 さらに東海地方を東へ進んだ低気圧に向かって南から暖かく湿った風が流入。東風と南風が房総半島付近で重なり、陸側からの冷たい風とぶつかることで上昇気流が発生し、次々と雨雲を発達させた。

 また、関東上空には25日夜の時点で高度約5700メートルにマイナス11・9度の寒気が流れ込んだため、大気の状態が不安定で上昇気流を強めることになった。

 一定時間、同じ場所に強い風が集中したことで局地的大雨になった。千葉県市原市牛久の観測点では午前11時に1時間64ミリの集中豪雨となり、降り始めから12時間で285ミリに達した。10月の1カ月間に降る平年値218・6ミリを超えた。

 日本気象協会の堀口貴行気象予報士(42)は「台風が近くにあったことで予想雨量を大幅に上回ることになった。シーズンは終わりに近づいているが、台風の動きには今後も注意が必要」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ