台風19号 群馬の農作物などの被害 2億7774万円

 各地で甚大な被害をもたらした台風19号で、群馬県は25日、県内の農作物の被害状況(概況報告)をまとめ、被害総額が約2億7774万円に上ると明らかにした。

 農作物の被害が約2億3173万円と大半を占め、被害総面積も404・4ヘクタールに上った。具体的には、農作物が水没したり、強風で実に傷がついたりするなどして、ナスの被害額は約4941万円、ホウレンソウは約4619万円。水稲は約2603万円と算出された。

 養殖魚では、嬬恋村などを中心に水槽に故障が生じるなどしてイワナやギンヒカリなどが死ぬ被害が続出。被害額は約3895万円となった。

 このほかの被害額は、農機具が約60万円、ハウスの倒壊など農業用施設が約646万円だった。県は引き続き調査を進め、被害状況を確定させる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ