台風19号 浸水したスーパー再開 宮城・丸森、買い物楽しむ

 台風19号の影響で浸水した宮城県丸森町の中心部の「スーパービッグ丸森店」が25日、再開した。窓ガラスには「がんばろう丸森」の張り紙も。客足を取り戻した店内では、再開を心待ちにしていた近隣の住民らが、久々の買い物を楽しんだ。

 午前10時、店舗のドアが開くと、待っていた10人ほどの客が次々と入店した。開店10分前から待っていたという女性(80)は「行きつけの店なので、再開はありがたい」と笑顔。ヨーグルトや納豆などを買った旅館経営の大槻豊子さん(75)は「水道が使えないので調理できない食材も多い」とこぼした。

 店長の遠藤直人さん(40)によると、浸水したほか電気も一時使えず、店内の商品は全て廃棄した。従業員には被災者もいる。「毎日『いつ開くの』という声をいただいた。復旧作業に当たる人にも多く利用してもらいたい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ