台風19号 「長野へようこそ」観光客のお出迎えキャンペーン実施

 台風19号で交通網が寸断され、長野県内の旅館やホテルで宿泊キャンセルが相次いでいることを受け、県などは25日、同日から運転を再開した北陸新幹線を利用して来県した観光客らにパンフレットなどを配布する「お出迎えキャンペーン」を実施した。

 同駅構内には、「歓迎 ようこそ! 長野県へ」などと書かれた横断幕が設置され、県などのほか、湯田中渋温泉郷(山ノ内町)の旅館の女将(おかみ)3人も着物姿で参加し、観光客らを歓迎した。県のPRキャラクター「アルクマ」も登場し、訪日外国人客や子供連れの家族と記念写真を撮るなどしていた。

 10~11月は本来、紅葉が見頃を迎え、観光業にとっては大勢の訪日外国人客らが足を運ぶ、かき入れ時。一乃湯果亭(いちのゆかてい)の女将、児玉布佐子さん(46)は「台風の影響でキャンセルが多かった。被災した長野に来ても本当に楽しめるのか、心配されるお客さんもいた。お越しいただければ、必ず楽しんでもらえます」と話していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ