広島・呉の海自、レトルトカレーで台風19号の被災地支援

 海上自衛隊呉基地係船堀地区(広島県呉市)で開催された「呉海自カレーフェスタ」で、来場者がレトルトカレーを購入して台風19号の被災地へ送る支援の取り組みが行われた。昨年7月の西日本豪雨で同市が甚大な被害を受けた際、全国から多くの支援が寄せられたことから「私たちが応援する番」と関係者らは意気込んでいる。

 約10種類のレトルトカレーは、海自呉地方総監部に所属する各部隊のレシピをもとに市内の飲食店業者が再現。購入者らはパッケージに「応援しています」「おいしいカレーで笑顔に」などとメッセージを書いて寄付。同総監部の公式キャラクター「やまとくん」「くれこ」も参加した。呉海自カレー事業者部会によると、会場内での売り上げを新たにレトルトカレーの購入に充て、計約440個のレトルトカレーが集まり、近く被災地に送ることにしている。

 同部会の副委員長、若狭倫(とも)一(かず)さん(36)は「カレーはみんなが好きなメニュー。呉市の名物で被災者のみなさまに少しでも恩返しができればうれしい」と話していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ