台風19号 千曲川の遺体は静岡の男性 長野

 長野県は24日、長野市の千曲(ちくま)川河川敷で21日に見つかった男性の遺体を、行方不明になっていた静岡県沼津市の男性(73)と確認したと発表した。台風19号による長野県内の死者は4人、行方不明者は1人となった。

 長野県は「遺族が匿名を強く希望している」として、男性の氏名を公表していない。

 県によると、男性は旅行で長野県を訪問。1人で車に乗っていた12日午後、同県東御市内で車ごと千曲川に流され行方不明になっていた。

 21日午前、46キロ下流の長野市の千曲川河川敷で遺体が見つかり、県警が身元を調べていた。死因は頸髄(けいずい)損傷だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ