新井浩文被告に5年求刑 弁護側は無罪主張

 派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われた俳優の新井浩文=本名・朴慶培(パク・キョンベ)=被告(40)の論告求刑公判が23日、東京地裁(滝岡俊文裁判長)で開かれた。検察側は「犯行は卑劣で、不合理な弁解に終始している」として懲役5年を求刑した。弁護側は改めて無罪を主張して結審。判決は12月2日。

 検察側は論告で、抵抗していたとする女性の証言は具体的で信用でき、新井被告が「女性の拒否を一切認識していなかったとは考えられない」と述べた。弁護側は、女性の証言の一部に疑問を呈した上で、反抗を著しく困難にするような暴行はしておらず、女性の反応から受け入れられていると誤認したと主張した。

 起訴状などによると、昨年7月1日、東京都内の自宅で30代女性に頭を押さえつけるなどの暴行を加え、乱暴したとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ