台風19号、日本の東へ 特別警報は順次解除

 台風19号は13日、関東を縦断して福島県付近から太平洋に抜け、日本の東に進んだ。大雨特別警報は午前0時40分に発表された岩手県を除く12都県で順次解除された。

 気象庁によると、今回の台風で神奈川県箱根町では48時間降水量が1001・0ミリ、静岡県伊豆市で760・0ミリ、埼玉県秩父市で687・0ミリを記録。それぞれ年平年値の3~4割に達し、史上最高記録を更新した。

 台風19号は13日午前6時現在、岩手県宮古市の東約130キロを時速65キロで北東に進んだ。中心気圧は975ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。中心から半径280キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。12日午後6時に「大型で非常に強い台風」から「大型で強い台風」に変わり、さらに13日午前3時に「大型の台風」に変わった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ