交通機関ストップ13日も 台風19号の影響

 台風19号の影響で12日は首都圏の鉄道を中心に「計画運休」などが行われ、交通機関がストップした。13日も始発からの運休を取りやめる鉄道もあり、台風の被害によっては交通機関の混乱は長期化する可能性もある。

 JR東日本によると、首都圏在来線や各新幹線は少なくとも13日昼ごろまで運休が続くとしている。山形新幹線「つばさ」などの特急列車の一部と、湘南新宿ライン、烏山線、水戸線、水郡線、中央本線と青梅線の一部で、終日運転を見合わせる。

 京浜急行と小田急線は昼ごろまで運転を見合わせる。相鉄線、東急電鉄、東京モノレール羽田空港線、東京臨海高速鉄道りんかい線は始発からの運転を見合わせ、安全確認後に運転を再開する。京王電鉄と東京メトロは一部の区間で運転を見合わせる可能性が高いとしている。

 JR東海によると、東海道新幹線は始発の運転を

見合わせる可能性が高いとしている。

 JR西日本によると、山陽新幹線は、本数を減らしたり、遅れが出る可能性はあるが、13日始発から新大阪-博多間全線での運転を目指すとしている。

 空の便では、全日空は成田空港は国内線、国際線が全便欠航、羽田空港でも多くの便が欠航する。日本航空も国内線の多くの便で欠航する。そのほかの航空会社でも欠航便が相次いでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ