台風19号、列島に接近 千葉で一時48万戸が停電、竜巻で家屋被害も

 大型で非常に強い台風19号は12日、伊豆諸島近海を北上し日本列島に接近した。夕方から夜に東海や関東に上陸する見通し。

 東京電力によると、千葉県では12日朝に一時、約48万戸の停電が確認された。東電が原因を調べている。同県市原市では午前8時すぎ、竜巻とみられる強風で、複数の建物に被害が出た。子供を含む複数のけが人もいるとみられる。

 交通機関は、東海道新幹線の東京-名古屋間が始発から終日運休。首都圏のJR在来線も日中に順次運転を取りやめ、13日昼ごろまで見合わせが続く見通し。羽田空港の国内線もほぼ欠航。関西空港連絡橋の道路部分が通行止めとなった。

 台風は12日午前9時現在、八丈島の西南西約260キロを時速約20キロで北に進んだ。中心気圧は945ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心の東側370キロ以内と西側280キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ