化粧品など盗み転売 ベトナム人7人送検 奈良県警

 東京や奈良など18都府県で万引を繰り返したとして、奈良県警は11日、窃盗容疑などで、住居不定、無職のベトナム人の男(34)=窃盗罪などで公判中=ら7人を送検したと発表した。県警は計247件(被害総額計約2450万円相当)の犯行を裏付け、捜査を終えた。

 7人は全員ベトナム籍で、留学生や技能実習生として来日。県警によると、平成27年1月~今年2月、18都府県のドラッグストアやスポーツ用品店で、健康食品や化粧品など計約1万1800点を盗むなどした疑いが持たれている。

 盗んだ品はベトナムに送って転売していたといい、男は「生活費がほしかった」と容疑を認めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ