新潟の男性殺人の罪で起訴 交通トラブルか、富山地検

 富山県魚津市の国道で9月、新潟県阿賀野市の無職渋谷直純さん(54)が倒れているのが見つかり、その後死亡した事件で、富山地検は10日、殺人と道交法違反(ひき逃げ・事故不申告)容疑で逮捕された富山県黒部市の会社員、高村茂志容疑者(32)を殺人罪で起訴した。捜査関係者によると、2人の間に交通トラブルがあったとみられる。2人に面識はなかった。

 起訴状によると、乗用車を運転していた高村被告は9月8日夜、魚津市の国道8号で信号待ちで停止中に、自分の乗用車を降りてきた渋谷さんと運転席の窓ガラス越しに口論となり、渋谷さんが運転席の窓ガラス上端をつかんだ状態のまま車を発進させて約1・2キロ走行。渋谷さんを路上に転落させて胸部などを後輪でひき、9日に死亡させ殺害したとしている。

 地検は、車を発進させれば渋谷さんが転落、死亡する危険性があると高村被告が認識していたとして、殺意を認定したとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ