逮捕は島根県児相職員 ラグビーW杯会場外で露出容疑

 大分県警大分東署は10日、ラグビーワールドカップ(W杯)の試合が開催された昭和電工ドーム大分(大分市)の競技場の外で、下半身を露出したとして公然わいせつ容疑で9日に逮捕された2人のうち、1人は島根県の出雲児童相談所の非常勤嘱託職員、佐藤慎太郎容疑者(36)=同県雲南市=と明らかにした。

 もう1人は、会社員、米原和宏容疑者(34)=同県出雲市=。署によると、佐藤容疑者は「覚えていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、試合終了後の9日午後9時20分ごろ、ドームの北東側にある喫煙所付近で、不特定多数の面前に下半身を露出したとしている。当時、飲酒していたという。

 島根県人事課の木次淳課長は「県民の信頼を裏切り、誠に遺憾。事実関係を確認し、厳正に対処する」とのコメントを出した。

 同会場では、1次リーグのウェールズ対フィジー戦が開かれた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ