日大理事長らに賠償請求 アメフット問題で提訴

 日本大アメリカンフットボール部の悪質反則問題への不適切な対応などによって国の私学助成金が減額され、大学が損害を受けたとして、元日大教授らが設立した「新しい日本大学をつくる会」や現役教員らは4日、田中英寿理事長らに対し、3億5千万円を大学に賠償するよう求めて東京地裁に提訴した。

 訴状では「理事長は反則問題に関する公正な調査や関係者の適正な処分をする義務を怠った」と主張。医学部の不適切入試問題も合わせて昨年度の助成金が約33億円減額され、志願者減少などの損害が生じたとしている。

 他に訴えられたのは、アメフット部の監督だった内田正人氏や現役の常務理事ら。つくる会の長沼宗昭・元日大教授は4日、都内で記者会見し「大学の自治が十全に機能せず、自浄作用が働いていない」と述べ、執行部の退陣を求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ