女子中学生へのみだらな行為撮影疑い 川崎市の会社員の男再逮捕

 女子中学生に対するみだらな行為を撮影したとして、神奈川県警麻生署は4日、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、川崎市多摩区西生田の会社員、佐々木慎吾容疑者(24)を再逮捕した。黙秘している。

 再逮捕容疑は7月6日午後2時55分ごろ、自宅で同市麻生区に住む中学2年の女子生徒(13)にみだらな行為をしたうえ、その様子をカメラ機能の付いた機器で撮影し、同月21日午後2時40分ごろ、USBメモリに記録して保存し、児童ポルノを製造したとしている。

 同署によると、佐々木容疑者は6月ごろに会員制交流サイト(SNS)で女子生徒と知り合い、自身を20歳だと偽ったうえで接近。7月6日に初めて会い、犯行に及んだ。女子生徒のSNSのやりとりを発見した保護者が同署に相談し、事件が発覚した。同署はこの女子生徒にみだらな行為をしたとして、9月18日に県青少年保護育成条例違反容疑で佐々木容疑者を逮捕していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ