ながらスマホで自転車事故 女子高生を書類送検 兵庫県警

 兵庫県伊丹市内の交差点で6月、通学路の見守り活動をしていた男性(77)が、高校3年の女子生徒(17)の自転車にはねられ一時重体となった事故があり、兵庫県警伊丹署は1日、スマートフォンを操作しながら自転車を運転し事故を起こしたとして、重過失傷害の疑いで女子生徒を書類送検した。「スマホに気をとられ、前をきちんと見ていなかった」と容疑を認めている。

 事故は6月17日朝、同市安堂寺町の信号のない交差点で発生。通学路の見守り活動をしていた近くの無職男性が、通学中だった女子生徒の自転車にはねられた。男性は頭を強く打って一時意識不明の重体になり、現在も意思疎通が難しい状況という。

 同署によると、現場近くの防犯カメラにも、女子生徒が自転車に乗りながらスマホを操作している様子が写っていたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ