新井被告「暴力や脅迫ない」 改めて無罪主張

 派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われた俳優の新井浩文=本名・朴慶培(パク・キョンベ)=被告(40)の第2回公判が26日、東京地裁(滝岡俊文裁判長)で開かれた。新井被告は被告人質問で「性行為をしたことは悪いと思っているが、暴力や脅迫は一切やっていない」と改めて無罪を主張した。

 新井被告は冒頭、初公判での女性の証言について「直接聞いて、改めて心底嫌だったんだなと思い、本当に申し訳ないと思っている」と謝罪した。

 新井被告によると、女性に下着のきわまでマッサージを依頼したところ、女性は「だめ」と発言。だが「口調がすごく柔らかく、だめとは言っていてもそのようには思えなかった」と説明した。わいせつな行為をしようとした際にも強く抵抗されず「同意があったと思った」と述べた。一方で「同意がなかったのではないかという不安が少しあった」とも話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ