新井浩文被告、公判詳報(5)現金渡す際「悪いことしちゃったね、これおわび」「不安もあったから」

 《派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われた俳優の新井浩文=本名・朴慶培(パク・キョンベ)=被告(40)に対する検察側の被告人質問が続く。捜査段階のことを聞かれるとあいまいな返答に終始する新井被告。上申書は被告本人の手書きだが、警察官による誘導があったことをにおわせようとする。検察官はそこには触れず、新井被告が女性と別れるときに渡した現金の意味について問いただす》

 検察官「(性行為が)終わった後、お金を渡しました。正規のマッサージ料ではありませんよね?」

 新井被告「ではないです」

 検察官「口止め料とか、謝罪とかいろいろな意味があったと話していましたね?」

 新井被告「はい」

 検察官「風俗店では性交するとき、お金を払うと言っていましたが、事前に払うんですか」

 新井被告「事前も、後もあります」

 検察官「金額はあなたが提示するんですか」

 新井被告「大体向こうから提示してきます」

 検察官「今回、性行為をする前に金額を提示しましたか」

 新井被告「していません」

 検察官「なぜですか」

 新井被告「風俗店以外では、そういうことはしないと思っていました」

 検察官「(性行為に)合意しているなら(お金は)いらないですよね」

 新井被告「それが分からなかった」

 検察官「合意があったか不安だったんですか」

 新井被告「うん…」

 《新井被告のこれまでの供述や法廷での証言から矛盾点を探して突こうとする検察側。新井被告が少し言いよどむと、さらにたたみかける》

 検察官「お金を渡すときに何か言いましたか」

 新井被告「『口止め料とかじゃないけどもらって』と言ったのは覚えています」

 検察官「『悪いことしちゃったね、これおわび』と言いましたか」

 新井被告「うっすら(覚えています)」

 検察官「何か悪いことをしたんですか。合意していたなら何も悪いことではないですよね?」

 新井被告「合意があったと思っていましたが、不安もあった。表方の仕事もあったので」

 検察官「Aさんはお金を受け取りませんでしたよね?」

 新井被告「はい」

 検察官「なのにバッグに入れたんですか」

 新井被告「そうです」

 検察官「拒否しているのになぜ入れたんですか」

 新井被告「出したものを引っ込められなくなったので」

 検察官「なぜ、あなたの気持ちを押しつけようとするんですか」

 新井被告「それは分かりません」

 検察官「オイルマッサージの人と性的サービスや性行為をすると、『お店には言わないで』といわれると言っていましたが、Aさんからは言われましたか」

 新井被告「いわれてないです」

 検察官「以上です」

 《検察側の質問が終わり、少し息をつく新井被告。弁護側が再質問に立つ》

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ