新井浩文被告、公判詳報(4)合意主張も「ちょっと嫌がっているなとは…」

 《派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われた俳優の新井浩文=本名・朴慶培(パク・キョンベ)=被告(40)に対する検察側の被告人質問が続く。「合意があったと思っていた」と主張する新井被告側に対し、検察側が突き崩しにかかる》

 検察官「だめといわれて、それでももっと奥をといって、まただめといわれたんですか」

 新井被告「何回とかは明確に覚えていません」

 検察官「(被害者の女性から)1回手を引かれて(拒否された)いるのになぜ同じことをさせようとしたんですか」

 新井被告「…」

 検察官「1回だめといわれたら、それ以上やらないということにはならないんですか」

 新井被告「それは繰り返しになりますが、口調とか…その…ものすごい柔らかくて、だめとは言っていても、そのようには思えませんでした」

 《記憶をたどっているのか、下を向きながら両手をもむようにして考えながら話す新井被告。女性の「拒絶」をどのようにとらえたのかについて質問が集中する》

 検察官「だめと言ったなら、だめですよね」

 新井被告「仰る通りです。でも言い方は全然違いました」

 検察官「あなたはお客さんですよね? お客さんだから、そういう口調で言ったんじゃないんですか」

 新井被告「それは分かりません」

 検察官「言葉でだめと言っているのに、なぜ手をとって股間を触らせようとしたのか」

 新井被告「口調、トーンが、だめという風に聞こえなかったので」

 検察官「(女性は)手を引こうとしましたね?」

 新井被告「はい」

 検察官「嫌がっているのではないんですか」

 新井被告「ものすごい力で、とかではなかった」

 検察官「ほかのマッサージの人にも同じことをさせたことがあるということでしたが、他の人は手を引っ込めたりしたんですか」

 新井被告「しなかった、と思います」

 検察官「他の人とは違うんじゃないかな、とは思わなかった」

 新井被告「そこまで、きつい引っ張り方じゃなかったので」

 検察官「体をなめた時、Aさん(被害者の女性)は何も言わなかったんですか」

 新井被告「言ってませんでした」

 検察官「捜査段階では『いや、だめです、と言っていたと思う』と言っていますよね」

 新井被告「覚えていません」

 検察官「どっちが正しいんですか」

 新井被告「今の方が正しいと思います」

 検察官「今よりも、事件の日に近いこの時の方が記憶が不十分だった、と」

 新井被告「そうですね」

 検察官「Aさんのズボンを脱がせようとした時、『脱がさないでといった』と、Aさんは証言していましたが、そう言ったんですか」

 新井被告「言ってないです」

 検察官「言われた記憶がないんですか、事実がないんですか」

 新井被告「事実がないです」

 検察官「じゃあAさんが嘘をついているということですか」

 新井被告「それは、うち(自分)が判断することではないと思っています」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ