新井浩文被告 公判詳報(1)「徐々に性的な気分に…」「『きわきわまで』とお願い」 淡々と事件の夜語る

  《派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われた俳優の新井浩文=本名・朴慶培(パク・キョンベ)=被告(40)の第2回公判が26日午後、東京地裁(滝岡俊文裁判長)で始まった》

 《2日の初公判で新井被告は、女性に向けて謝罪の言葉を述べた上、同意があったと誤認していたなどとして無罪を主張した。一方、女性は法廷と別室を映像や音声でつなぐビデオリンク方式で、同意はしていなかったと証言。「物を扱うように扱われ、とても悔しい思いをした。刑務所に入って反省してほしい」と声を震わせた》

 《争点は「被告が暴行を加えたか」「性交の合意があると誤信することはなかったか」の2点。第2回公判では新井被告の被告人質問が予定されている。自らの口で事件をどう語るのか注目される》

 《初公判同様、黒のスーツに黒のネクタイを着用して入廷した新井被告。裁判長が開廷を告げ、早速、被告人質問が始まる。女性は前回と同様、特定を避けるために「Aさん」と呼ばれる》

 弁護人「前回の法廷で、Aさんの尋問がありました。どう思ったか教えてください」

 新井被告「事件後初めてAさんの言葉を直接聞いて、改めて、心底嫌だったんだなと思い、本当に申し訳ないと思っています」

 《弁護人は事件のあった昨年6月30日から7月1日にかけての行動について聞いていく》

 新井被告「(30日の)夕方から友人2人と飲食して、その後(午後)11時くらいに友人が帰り、1人でいきつけのバーに行き、(1日午前)1時前後まで酒を飲んで、徒歩で帰りました」

 弁護人「マンションについた時間は?」

 新井被告「1時20分前後だったと思っています」

 弁護人「体調はどうでしたか」

 新井被告「普通でした。酔っているとか一切なく、仕事で疲れていてマッサージをやってほしいなと思っていました」

 《初公判の弁護側の説明によると、新井被告はマッサージ、特にアロマオイルを使うアロママッサージを好んでいた。新井被告は、この日も帰宅前に行きつけの店舗に立ち寄ったが、予約がいっぱいで入店できず、帰宅してからセラピストを派遣してくれる女性のマッサージ店に電話したと説明した》

 新井被告「ホームページを見てアロママッサージが得意な女性を選んで電話しました。Aさんを指名したのはプロフィルに、アロママッサージが得意と書いてあったからです」

 《Aさんが部屋に着くと、90分コースを選択して料金を支払い、領収書を受け取ったという。新井被告の記憶では料金は1万8000円前後だったという》

 弁護人「その後は?」

 新井被告「紙パンツを渡してくれて、浴室の方に着替えに行きました。紙パンツの上にTシャツとハーフパンツを着て部屋に戻り、電気を消していいか尋ねました。暗い方がリラックスできるのと、寝てしまうかもしれないというのがあったからです」

 《照明はベッドボードの電気だけの状態でマッサージが始まった。新井被告は紙パンツ1枚でうつぶせになり、背中などの施術を受けたという》

 新井被告「とても上手で気持ちが良かったので、そういう会話をしました。『とても上手ですね』『あ、ありがとうございます』というような」

 《新井被告は、眠くなりベッドボードの電気も消していいか尋ねたという》 

 新井被告「『どうぞ。目が慣れるまでできないかもしれないですが、いいですか』と。『大丈夫です』と言いました。うつぶせの状態で寝ていました。30~40分して起こしてくれて『あおむけになってください』と言われました」

 《弁護人は、仰向けのマッサージの際の2人の位置関係を、寝室の見取り図を示しながら新井被告に確認していく。脚のマッサージの様子について話が続く》

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ