台風17号、温帯低気圧に 日本海側大荒れ、警戒を

 台風17号は23日午前9時の観測で温帯低気圧に変わった。24日未明ごろには北日本を通過する見通し。総務省消防庁によると、これまでに30人がけがをした。西日本から北日本の日本海側を中心に大荒れになるとみられ、気象庁が警戒を呼び掛けた。

 24日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は中国、近畿、北陸25メートル(35メートル)、九州北部、四国、東北、北海道23メートル(35メートル)、東海18メートル(30メートル)、関東、伊豆諸島17メートル(30メートル)。波の高さは九州北部、中国、北陸、東北6メートル、四国、近畿、東海、北海道5メートル。高潮や塩害にも注意が必要だ。

 24日午前6時までの24時間予想雨量は多い場所で東海180ミリ、北海道150ミリ、関東甲信、東北100ミリとなっている。

 台風17号は能登半島沖で温帯低気圧に変わり、時速約65キロで北東に進んだ。中心気圧は992ヘクトパスカル。最大風速は25メートル。中心から半径560キロ以内の広い範囲で15メートル以上の強風域になっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ