茨城・境町で夫婦殺害か、子供2人もけが

 23日午前0時40分ごろ、茨城県境町若林の民家から女性の声で「助けて」と110番通報があった。県警境署員が駆け付けたところ、2階の寝室で住人の会社員、小林光則さん(48)と妻のパート従業員、美和さん(50)が心肺停止状態で見つかり、現場で死亡が確認された。小林さんは顔と首、美和さんは首に、それぞれ刃物のようなもので切られたとみられる傷があり、同署は殺人事件として調べている。

 同署によると、小林さん方は5人家族。中学1年の長男(13)、小学6年の次女(11)は夫婦とは別の2階の部屋で就寝中だった。長男は腕などに切り傷があり、次女も手の痛みなどを訴えたが、いずれも軽傷で命に別条はなく、1階にいた大学3年の長女(21)にけがはなかった。

 住宅には無施錠の場所が複数あったといい、同署は、何者かが侵入して就寝中の夫婦を襲ったとみて捜査している。110番通報は美和さんがしたとみられる。

 現場は圏央道境古河インターチェンジから約7キロ南側に位置する畑や住宅が点在する地域。小林さんの住宅は周囲を木々で囲まれ、周辺の民家とは200メートルほど離れた場所にあった。

 近所に住む女性(70)は「このあたりにずっと住んでいるがこんな事件は初めて。のどかな場所だから無施錠で就寝する家も多い」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ