さいたま小4殺害、逮捕の父「本当の父親じゃないと言われ頭にきた」

 さいたま市見沼区大谷(おおや)の集合住宅敷地内で18日未明、住人の市立大谷小4年、進藤遼佑(りょうすけ)君(9)が殺害されているのが見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された父親で無職、進藤悠介容疑者(32)が「『本当の父親じゃないのに』と言われて頭にきた」との趣旨の供述をしていることが20日、捜査関係者への取材で分かった。

 埼玉県警によると、悠介容疑者は殺害を認める供述もしており、遺体を電気や水道設備を収納するメーターボックスの中に入れたことについては「見つからないようにするため」とも話しているという。

 悠介容疑者は、遼佑君の母親(42)と昨年12月に再婚。遼佑君との間に血のつながりはない。県警は詳しい犯行時の状況を調べている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ