堺・あおり運転死亡事件、弁護側が上告

 堺市で昨年7月、乗用車であおり運転した後にバイクに追突し、男子大学生を死亡させたとして殺人罪に問われた元警備員、中村精寛(あきひろ)被告(41)の弁護側は17日、1審に続き殺意を認定し、懲役16年とした2審大阪高裁判決を不服として最高裁に上告した。

 高裁は11日の判決で、大学生にハイビームを照射し続け、何度もクラクションを鳴らした被告の行為について「内容と執拗(しつよう)さから怒りによる威嚇行為だった」と指摘。弁護側はブレーキの誤操作による事故だったと主張したが、「衝突で被害者が死亡する危険は高かったと認識していた」とし、未必の故意を認定した1審判決を支持した。

 判決によると、昨年7月2日、堺市南区の府道で、同市西区の大学4年、高田拓海(たくみ)さん=当時(22)=のバイクに追い抜かれたことに腹を立て、バイクに接近し衝突。頭蓋骨骨折などのけがをさせ、殺害した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ