千葉45万戸停電続く 広がる住民の不安

 台風15号による千葉県を中心とした大規模停電は11日午前10時現在、同県内では約45万戸の停電が続いている。停電は3日目に入り、住民の不安が広がった。

 東京電力は11日、東京都内で記者会見し、当初目指していた同日中の復旧について「見通しが立っていない」と明らかにした。雷雨で作業が中断したり日没で作業効率が下がったりしたことなどが原因と説明している。同社パワーグリッドの金子禎則(よしのり)社長は「自然災害の甚大化は続いている。いかに復旧するかも含めてしっかり検証したい」と話した。

 5万戸を超える停電が続く千葉県市原市では、市役所の開庁前から携帯電話の充電や飲料水を求める市民が集まった。危機管理課の佐久間重充課長は「具体的にどの地区から復旧するかの情報があれば助かる。停電3日目となり、市民もストレスがたまってきているようだ」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ