ニコライ堂が拝観中止 台風で事務所の屋根飛ぶ

 東京都千代田区の東京復活大聖堂教会(ニコライ堂)では台風15号の影響で事務所の屋根が飛び、入り口付近をふさいだ。9日午前に関係者が被害に気付いた。9日の拝観を中止したという。

 ホームページによると、ニコライ堂は1891(明治24)年に完成。国の重要文化財に指定されている。

 気象庁によると、都心部では9日未明、31・4メートルの瞬間風速を観測した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ