首都圏JR、9日早朝運休 全在来線、台風15号影響

 JR東日本は8日、強い台風15号が通過した後の線路点検のため、首都圏の全ての在来線で9日始発から午前8時ごろまで運転を見合わせると発表した。具体的な被害が確認された場合、運転までさらに時間がかかる可能性があるとしている。

 同社によると、運休するのは東京、神奈川、千葉、埼玉などの各路線。安全確認ができれば、午前8時より早く運転するとしている。東北、上越、北陸の各新幹線は通常通りの運転を見込んでいるが、台風の影響次第で遅れや運休が出る可能性があるという。

 台風15号が関東や東海に接近した8日は午後から、東海道新幹線が「のぞみ」を中心に運転本数を減らし、上下線とも最終列車を繰り上げ。JR東海は「9日も運休や遅れが出る可能性がある」としている。在来線でも東海道線で最終列車を繰り上げるなどした。

 日航や全日空によると、羽田発着の国内線で欠航が相次いだ。9日も一部の便が欠航する。中日本高速道路によると、静岡県の東名高速道路下り線は8日午後、高波の影響で通行止めとなった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ