逃走手助けの男、起訴内容認める 横浜地裁

 窃盗罪などで実刑確定後に刑務所への収容を拒んで無職、小林誠被告(43)=公務執行妨害罪などで起訴=が逃走した事件で、犯人蔵匿などの罪に問われた建築業、幸地大輔被告(39)=横須賀市=の初公判が29日、横浜地裁(野村充裁判官)で行われ、幸地被告は起訴内容を認めた。

 起訴状によると、幸地被告は小林被告が公務執行妨害の罪を犯して逃走中であることを知りながら、逮捕を免れさせるため自宅にかくまったほか、6月上旬ごろから同23日までの間に、県内かその周辺で覚醒剤を使用したとしている。

 公判で検察側は、幸地被告が同20日に小林被告と落ち合い、「覚醒剤が抜けるまで」などと逃走の援助を頼まれ、車で千葉県内や神奈川県内を転々としていたことや、途中でカラオケ店や銭湯に立ち寄っていたことなどを明らかにした。

 また、小林被告に逮捕状が出ていることは、立ち寄り先で見たテレビのニュースなどで知ったとしており、覚醒剤を使用した理由についても「(小林被告を)かくまうことで精神的に追い込まれていた」などと供述したという。次回公判は10月18日の予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ