殴打「止めればよかった」 常磐道あおりで同乗の女供述

 茨城県守谷市の常磐自動車道でのあおり運転殴打事件で、傷害容疑で逮捕された会社役員、宮崎文夫容疑者(43)の車に同乗していた交際相手の喜本(きもと)奈津子容疑者(51)=犯人隠避容疑などで逮捕=が「今では(宮崎容疑者が殴るのを)割って入ってでも止めればよかった」と供述していることが23日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、喜本容疑者は「車を停止させた後に追突されると(宮崎容疑者が)殴りだした。突然のことでびっくりして止めに入れなかった」とも供述。茨城県警は喜本容疑者が宮崎容疑者の殴打を止めようとせず携帯電話で現場の様子を撮影していたことから、傷害幇助(ほうじょ)容疑での立件も視野に入れて捜査している。

 携帯電話からは静止画が確認され、喜本容疑者は撮影した理由について「(被害男性の車の)ナンバーを撮ろうとした」と話しており、記録が目的だったとみられる。

 県警は23日、大阪市東住吉区の同じマンションにある両容疑者の自宅を家宅捜索し、関係資料十数点を押収した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ