押収した電子機器から京アニ関連のHP閲覧記録 青葉容疑者

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警が殺人などの容疑で逮捕状を取った青葉真司容疑者(41)の自宅アパートから押収した電子機器から京アニに関連するサイトの閲覧記録があったことが23日、捜査関係者への取材で分かった。青葉容疑者が京アニについて下調べをしていた可能性があるとみて、府警が調べている。

 青葉容疑者のさいたま市見沼区の自宅アパートからはタブレットなどの電子機器のほか、京アニ関連のグッズや大量の原稿用紙が押収されている。また、青葉容疑者と同姓同名の人物から京アニに複数の小説の応募があったことがすでに判明している。

 事件は7月18日午前10時半ごろ発生。青葉容疑者が侵入してガソリンをまいた後に爆発が起こり、鉄筋コンクリート3階建てが全焼し、35人が死亡し、34人が負傷。青葉容疑者も全身やけどで治療中で、事情が聴けていない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ