常磐道あおり運転で無関係女性を「容疑者」とデマ拡散

 茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件では、傷害容疑で逮捕された大阪市東住吉区の会社役員、宮崎文夫容疑者(43)の車に同乗していた女として無関係の女性がインターネット上で名指しされ、誹謗(ひぼう)中傷を受けた。女性が代表を務める会社には抗議の電話が相次ぎ、業務に影響が出ているといい、女性の代理人の小沢一仁弁護士(東京弁護士会)は産経新聞の取材に対し法的措置を検討すると明かした。

 事件では宮崎容疑者を自宅にかくまったとして、犯人隠避などの疑いで交際相手の会社員、喜本(きもと)奈津子容疑者(51)も逮捕された。宮崎容疑者の車に同乗し、一連の状況を携帯電話で撮影していたとされる。

 小沢弁護士によると、喜本容疑者と間違われたのは、都内でウェブサイト製作などを手がける会社の代表を務める女性。事件発生後、ネットの掲示板や会員制交流サイト(SNS)などで、喜本容疑者をこの女性とする虚偽情報が出回り、情報を収集・編集したウェブサイト「まとめサイト」などから拡散した。

 女性の会社には17日午前から嫌がらせや批判の電話が相次ぎ、会社のホームページの一部の閉鎖を余儀なくされた。

 女性は宮崎容疑者らとの面識は一切ない。にもかかわらず誤認されたのは、(1)宮崎容疑者が女性の写真共有アプリ「インスタグラム」のアカウントをフォローしていた(2)喜本容疑者の事件時の服装などが、女性が過去に着用していたものと似ていた-などが理由とみられる。

 小沢弁護士は一連の行為を「事実無根で悪質」と非難。虚偽情報の発信元などを特定し、法的手段を取る可能性を示唆した。一方、すでに一部からは謝罪の申し出を受けているといい、一部サイトは「おわび」を掲載した。

 小沢弁護士は「無関係の人が大きな不利益を被る危険性を認識する必要がある。根拠の不確定な情報に惑わされないでほしい」と求めた。

 ネット上の虚偽情報をめぐっては、東名高速道路であおり運転を受けた夫婦が死亡した平成29年の事故に関連し、被告の男=1審で懲役18年=と関わりがあるかのような情報を書き込んだとして、福岡県警が昨年6月、名誉毀損(きそん)容疑で11人を書類送検。またデマを書き込まれた男性が、損害賠償を求めて提訴するなどしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ