京アニ、現場近くの献花台25日で終了

 京都アニメーションは19日、京都市伏見区の第1スタジオ放火殺人事件を受けて、発生2日後から現場近くに設けていた献花台を、25日に撤去すると明らかにした。7月18日の事件発生から1カ月の節目が経過したため、としている。

 同社はホームページで「国境を越え多くの方々が私たちに寄せてくださった温かな思いに応え、再び、皆さまに夢と希望と感動を届けるアニメーション制作に取り組めるよう、励んで参ります」とコメントした。

 献花台への供え物については責任を持って供養するとした上で、周辺が住宅地であることから、撤去後は現場での献花や写真撮影は控えてほしいと呼びかけている。

 献花台は7月20日の設置以降、国内外のファンや近隣住民らが花束やメッセージ入りの色紙を持って絶えず訪れ、犠牲者の冥福を祈る追悼の場になっていた。台風10号が接近した今月14~16日に一時撤去されたが、再び設置されていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ