京アニ犠牲者の腕時計を紛失 京都府警

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)第1スタジオで起きた放火殺人事件で、犠牲者が身につけていた腕時計を京都府警が紛失していたことが16日、府警への取材で分かった。府警は遺族に謝罪し、紛失の経緯を説明した。

 府警によると、腕時計の紛失が判明したのは7月下旬。検視時に遺品を点検した際にはあったが、司法解剖を終えて遺体を遺族に返還する際に紛失に気が付いたという。司法解剖や身元特定のためのDNA型鑑定などの過程で紛失した可能性がある。

 府警は「遺族や関係者に大変なご迷惑を掛け、おわび申し上げる。今後このようなことがないよう、再発防止に努める」と話している。

 7月18日の事件当時、放火された第1スタジオには70人の社員がおり、このうち男性14人、女性21人の計35人が死亡した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ