児相職員の男が保護中の女児にわいせつ行為 容疑で逮捕

 未就学の女児にわいせつな行為をしたとして、宮城県警仙台北署は1日、強制わいせつの疑いで仙台市児童相談所職員、工藤靖英容疑者(30)=仙台市太白区=を逮捕した。調べに対し「間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は今年2月下旬から3月下旬までの間に、同市青葉区の児相内で勤務中に女児にわいせつな行為をしたとしている。事件当時、女児は児相に一時保護されていた。4月下旬に女児の保護者から児相に情報提供があり、事件が発覚したという。

 仙台市では内部調査を進めるとともに、仙台北署にも相談。同市によると、工藤容疑者は情報提供以降は児童と接する業務からは外れ、事務補助に変更されていた。

 同署では動機や余罪についても詳しく調べている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ