塩見岳で不明の男性無事 けがなく自力で避難

 静岡市葵区の南アルプス・塩見岳(3047メートル)周辺で、登山中に行方が分からなくなっていた福岡市西区の無職、中園順三さん(67)が28日午前5時ごろ、自力で山小屋に避難し、無事が確認された。けがはなく自力で下山する予定。

 静岡中央署によると、午前5時半ごろ、塩見岳と間ノ岳の間にある山小屋(葵区)に中園さんが避難したと管理者から同署に連絡があった。約1時間後には、中園さんからも「道に迷ったことに気付き、元のルートに戻って小屋まで歩いてきた」と電話があった。

 中園さんは26日から、ガイド2人を含む計17人のグループで入山。27日午後1時45分ごろ、中園さんがいないことにガイドが気付き110番した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ