京アニ作品ゆかりの地で哀悼の折り鶴募集 京阪宇治駅

 「京都アニメーション」の本社がある京都府宇治市のNPO法人が、事件の犠牲者を追悼する取り組みを始めている。京阪宇治駅構内で駅の利用者やファンらに折り鶴を折ってもらい、千羽鶴にして同社に贈るプロジェクトで、京アニへの思いが込められた折り鶴が次々と寄せられている。

 同市のNPO法人「まちづくりねっと・うじ」が主催。京アニは同駅周辺の観光地や市内の高校をモデルにしたアニメ「響け!ユーフォニアム」を制作しており、京アニへの哀悼と再建への願いを込め、「千羽鶴プロジェクト」を22日から始めた。

 すでに1万羽以上の折り鶴が集まっているといい、同法人の山上義人副代表(59)は「京アニは街の誇り。市民やファンの思いを伝えることができれば」と話した。来月4日まで折り鶴を募集し、その後、京アニに贈る予定という。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ