京アニ放火、京都市が検証対策チーム設置

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)のスタジオで33人が死亡した放火事件で、京都市は19日、被害が拡大した原因の究明や、市内の他の建築物でらせん階段の実態把握を行うための緊急検証対策チームを設置した。ガソリン販売時の安全策についても検討する。

 市消防局によると、京都アニメーション第1スタジオをめぐっては、平成30年10月に査察を実施し、消防法上の不備は認められなかった。また、同年11月には従業員70人が参加して消火・避難・通報訓練を実施していたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ