京アニ火災 屋上へ逃げ切れず 十数段の階段で19人を発見

 アニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)の京都市伏見区桃山町因幡にある3階建てのスタジオが全焼し、33人が死亡した火災で、建物の3階から屋上に至る十数段の階段に多数が折り重なるように倒れていたことが19日、京都市消防局などへの取材でわかった。関係者は火の回りが予想以上に早く、屋上まで逃げ切れなかったとみており、京都府警や京都市消防局が引き続き出火当時の状況を調べている。

 この火事では亡くなった33人のうち、1階で2人、2階で11人、2階から3階に至る階段で1人の計14人が見つかり、残る19人は3階から屋上に上る階段の途中で発見された。屋上からは誰も発見されなかった。

 屋上につながる階段の幅は1・2メートル。19人は屋上に出ようとしたものの、何らかの理由で脱出できなかったとみられ、折り重なるようにして倒れていた。

 2階で亡くなった11人も階段に近いフロアの中央付近で見つかっており、3階へつながる階段を目指していたとみられる。

 被害者が逃げ込もうとした屋上につながる扉の鍵が施錠されていたかどうかは未確認だが、消防隊が消火作業のために屋上から建物内に入ろうとした際には扉は閉まった状態だったものの、鍵はかかっていなかったという。

 一方で、同社内には法令で定められた基準にのっとった消火器と警報器が備えられていたが、いずれも使われた形跡は見られなかった。

     ◇

 京都市消防局や京都府警によると出火当時、建物内には火をつけたとする男を除いて、従業員など74人がおり、このうち33人が死亡、35人が病院に搬送され、6人の無事が現場で確認されたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ