マンション室内で60代男性死亡、同居長男不明 東京・江戸川

 24日午後11時20分ごろ、東京都江戸川区南篠崎町のマンションの一室で、住人の60代男性が室内で死亡しているのが見つかった。警視庁小松川署によると、男性は顔などから血を流して床に倒れており、顔や上半身に複数の殴られたような痕があった。男性は30代の長男と2人暮らしで、事件後に長男と連絡が取れなくなっているという。同署は遺体を解剖して詳しい死因を調べるとともに、長男が死亡の経緯を知っているとみて、死体遺棄容疑で捜査している。

 同署によると、男性が24日に勤務先に出勤せず、同日夕に同僚の50代男性が「連絡が取れない」と交番に届け出ていた。遺体発見時、玄関は施錠された状態だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ