まつげパーマクリーム密造・販売の疑い、神戸の53歳男逮捕

 国の許可を受けず、密造したまつげパーマクリームを販売したなどとして、兵庫県警生活経済課などは24日、医薬品医療機器法違反(無許可販売など)の疑いで、神戸市中央区の化粧品会社「内外治療院」経営、山岡正敏容疑者(53)を逮捕した。容疑を認めている。

 県警によると、同社は平成31年2月までの約3年間で「まつげパーマキット」約11万8000点をインターネット上で販売し約3億2000万円を売り上げたとみられる。昨年5月、「クリームを使ったら目が炎症を起こした」と健康被害を訴える相談が県薬務課にあり、県警が捜査を進めていた。

 逮捕容疑は30年11~12月ごろ、医薬部外品の製造販売に関する国の許可を受けないまま、まつげパーマクリームを製造し、県内の女性5人にキット5点(計約1万6000円)を販売したとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ