池袋暴走実況見分 元院長、両手でつえつき説明

 東京・池袋で乗用車が暴走し母子2人が死亡した事故で、13日の警視庁の実況見分に立ち会った旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)は両手でつえをつきながら警察官の問いかけにうなずき、つえで道路を指し示したりしていた。

 警視庁の実況見分は午前10時ごろから約1時間半にわたり、約70人態勢で現場の都道を通行止めにして行われた。開始に先立ち、捜査員らが母子が亡くなった交差点で黙祷(もくとう)をささげた。

 警視庁は事故を起こした乗用車と同型の車両の後部座席に飯塚元院長を乗せ、ゆっくりと走行ルートをたどりながら当時の様子を確認した。母子がはねられた交差点では飯塚元院長は車から降り、警察官の問いかけに答えていた。

 事故は4月19日に発生。近所の松永真菜(まな)さん(31)と長女の莉子(りこ)ちゃん(3)が死亡し、8人が重軽傷を負った。元院長と同乗の妻もけがをした。

 飯塚元院長はこれまでの任意聴取に「アクセルが戻らなかった。ブレーキを踏んだが利かなかった」などと説明している。車の機能検査で異常は見つかっておらず、警視庁はブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性が高いとみて、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で捜査している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ