衝撃…レジ袋・プラごみ、大阪湾に「900万枚」沈んでいる

 関西広域連合は、大阪湾のプラスチックごみを調査した結果、レジ袋約300万枚、ビニール片約610万枚が海底に沈んでいるとの推計を11日、大阪市でのシンポジウムで明らかにした。また同日、小売りや飲料メーカーなどの業界団体と連絡会議を発足。プラごみ削減に向けた具体策を検討する。

 近畿などの12自治体で構成する関西広域連合は、大阪湾などでプラごみの状況を調査。平成30(2018)年11月に関西空港の北側で、底引き網漁の網に引っかかったレジ袋やビニール片の数を調べた。約0・08平方キロメートルの範囲でレジ袋163枚、ビニール片337枚が回収された。

 大阪湾全域(約1450平方キロメートル)での量を面積比率から推計した。調査した大阪商業大の原田禎夫准教授は「海底の生き物のすみかを奪い、水産業に大きな被害が出ている」と指摘した。

 シンポジウムでは、滋賀県の三日月太造知事が連絡会議の発足を宣言。今後、定期的に会合を開き、課題共有を進める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ