老人ホーム元職員を起訴 入所男性への傷害致死罪 東京地検

 東京都品川区の老人ホームで入所者の男性を暴行し死なせたとして、東京地検は12日、傷害致死の罪で元介護職員の無職、根本智紀容疑者(28)を起訴した。根本被告は殺人容疑で逮捕されたが、地検は「殺意を認定できなかった」としている。

 起訴状によると、4月3~4日、品川区の介護付き有料老人ホーム「サニーライフ北品川」の一室で、黒沢喜八郎さん(82)の背中や腹に暴行を加えて内臓を損傷させるなどし、5日に出血性ショックで死なせたとしている。地検は暴行の方法は不明としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ