野田市教委、児童に謝罪へ 虐待死のアンケート問題

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん=当時(10)=が死亡した虐待事件で、市教育委員会は7日、心愛さんが父、勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=からの虐待を訴えた学校アンケートの回答コピーを被告に渡していた問題を巡り、全市立小中学校の児童と生徒に謝罪すると明らかにした。アンケートに記載されていた「ひみつをまもります」との注意書きも修正する。

 市教委によると、7月の次回アンケートの前に、担任が行う個人面談を通じて謝罪する。市教委は「身近にいる担任が伝えた方がいい」と判断したとしている。近く各校の教頭を集め、児童や生徒の年齢などに配慮した伝え方を示す。

 アンケートは年2回、7月と11月に実施している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ