50メートル走り十数秒で 強い殺意で多数の殺害計画か

 川崎市多摩区でスクールバスを待つ私立カリタス小の児童や保護者ら19人が殺傷された事件で、岩崎隆一容疑者(51)が路上を約50メートル走りながら次々と包丁で切りつけ、最初の襲撃から十数秒で自分の首を切りつけ自殺していたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。短時間に多数の被害者が首など上半身を中心に深く刺されており、神奈川県警多摩署捜査本部は強い殺意で計画的に大勢を殺傷しようとした疑いがあるとみて調べる。

 捜査本部は同日午前、殺人容疑で川崎市麻生区の岩崎容疑者の住居を家宅捜索。捜査員ら約10人が段ボールや照明器具などを持って室内に入った。捜査本部は、容疑が固まり次第、容疑者死亡のまま書類送検する方針。

 県警の調べでは、岩崎容疑者は児童の保護者で死亡した外務省職員の小山智史さん(39)を背後から複数回、包丁で切りつけるなどしたうえ、近くにいた女性(45)にも重傷を負わせた。

 さらに、死亡した同小6年、栗林華子さん(11)ら列になってバスを待っていた児童らを襲撃した後、自分で首付近を刺した。最初の襲撃から自殺まで十数秒だった。

 両手に持っていた包丁は刃渡り約30センチの柳刃包丁のような細長い形状。現場近くのコンビニエンスストアの敷地内で岩崎容疑者のリュックサックが見つかり別の包丁2本が入っていた。捜査本部は周辺の防犯カメラの映像を解析するなどして状況を調べている。

 事件は28日午前7時40分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の路上で発生。計19人が被害に遭い、2人が死亡、3人が重傷を負った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ