静岡新聞カメラマン再逮捕 あおり運転の疑い

 静岡県警沼津署などは21日、前を走る軽乗用車にあおり運転をしたとして、暴行の疑いで静岡新聞社東部総局編集部カメラマン水島重慶容疑者(27)=同県沼津市=を再逮捕した。県警によると、「あおり運転はしていない」と容疑を否認している。

 再逮捕容疑は3月3日午後3時ごろ、沼津市の国道414号で乗用車を運転中、男性会社員(54)の車との車間距離を極端に詰めるなどした疑い。男性の話やドライブレコーダーなどの映像からあおり行為を裏付けたとしている。

 水島容疑者はこの直後に別の軽乗用車など3台に衝突し、男性2人に軽傷を負わせたとして自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで5月8日に逮捕され、翌日釈放されていた。

 静岡新聞社の風間隆男総務局長は「報道に携わる社員があおり運転による暴行容疑で再逮捕された事実を真摯に受け止めている。危険な目に遭われた運転手の方には心よりおわび申し上げます」とコメントした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ