関東地方で大雨、昼にかけて交通の乱れ注意

 東日本の太平洋側で21日にかけて局地的豪雨に襲われる恐れがあるとして、気象庁は21日、土砂災害や低地の浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼びかけた。関東地方では昼にかけてまとまった雨が降る地域も見込まれており、鉄道など交通機関の運行情報に注意が必要だ。

 気象庁によると、中国から近畿地方にかけて伸びる寒冷前線が21日午後にかけて東日本を通過するため、西日本から東日本の太平洋側では大気の状態が非常に不安定になりそうだ。

 東日本の太平洋側では、21日は南向き斜面を中心に雷を伴う1時間70ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的に大雨となるところがある。竜巻などの激しい突風の恐れもあるという。

 22日午前6時までの24時間予想雨量は関東甲信、伊豆、東海で最大180ミリの見込み。

 横浜市や川崎市などでは土砂災害と浸水害の大雨警報が発表。静岡県の一部で土砂災害警戒情報が発表されている。また、沿岸部では太平洋側を中心に風が非常に強く吹き、大しけとなる所があるという。

 鉄道各線では午前8時10分現在、大雨の影響で伊豆急線伊東-伊豆高原間で運転を見合わせているほか、湘南モノレールでは強風による遅れが発生している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ