米企業社員装い6000万円詐取、容疑の男逮捕

 米国企業の社員を装って福島県の製造業の会社から約6000万円をだまし取ったとして、福島県警郡山北署は16日、詐欺の疑いで東京都港区芝浦、コンサルタント会社役員、田島剛容疑者(50)を逮捕した。

 逮捕容疑は平成26年4月、電気関係部品の設計や製造などを手掛ける実在の米国企業の社員を名乗って、架空の開発計画への参加を持ち掛け、情報漏洩(ろうえい)防止のための保証金名目で、約6000万円をだまし取ったとしている。

 郡山北署によると、田島容疑者はこの米国企業に勤務した経験があるという。同署は他にも同様の手口で被害企業から外国に送金させたとみて調べている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ