千葉小4虐待死 母が初公判で起訴内容認める

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が1月、自宅浴室で死亡した虐待事件で、傷害幇助(ほうじょ)罪に問われた母のなぎさ被告(32)の初公判が16日、千葉地裁(小池健治裁判長)で開かれた。なぎさ被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 午後2時ごろ、なぎさ被告は茶色のセーターに黒のズボン姿で、黒縁のめがねをかけて出廷した。

 検察官が起訴状を読み上げ、裁判官から「おかしいところ、間違っているところはありますか」と問われると、なぎさ被告は一瞬沈黙。「いかがですか」と再度促されると、消え入りそうな声で「間違いありません」と答えた。

 起訴状によると、なぎさ被告は1月22日から、父の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=の指示で心愛さんに食事を与えず、死亡した24日には、勇一郎被告が肌着だけの心愛さんに冷水のシャワーを掛けていたことを知りながら制止しなかったとしている。

 捜査関係者によると、なぎさ被告は、勇一郎被告からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていたとされ、千葉県警の調べには「虐待を止めようとしたら暴力を振るわれた」と供述していた。

 また、捜査では、勇一郎被告が今年の元日ごろ、なぎさ被告の顔を殴るなどしたことも判明し、千葉地検は、勇一郎被告を暴行罪でも起訴している。公判ではDVがなぎさ被告の行動に与えた影響がどう判断されるのかが焦点となる。

 一方、勇一郎被告は捜査段階で動機や経緯を詳しく話しておらず、なぎさ被告の供述から、家庭の状況や虐待の実情が明かされるのかも注目される。

 心愛さんは冬休み明けの今年1月7日から登校せず、勇一郎被告は学校に「娘は沖縄の妻の実家にいる」と嘘の連絡をしていた。心愛さんは長期欠席していたが、学校から児童相談所への連絡は同月21日と遅れた上に、学校や児相が自宅訪問しないまま、心愛さんは同月24日に死亡した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ